楽器を買取ってもらう前に

みなさんのご自宅に、今は使われていない楽器はありませんか?もしかしたら、みなさんのもとにある楽器を探し求めている方がいらっしゃるかもしれません。もう使わない、誰かに譲りたいという楽器をお持ちでしたら、ぜひ買取をご検討ください。こちらでは、楽器を買い取ってもらう際に見ておきたいポイント3つをご紹介します。

キレイにしよう

長くしまわれたままで、ずっと触っていなかったという楽器でしたら、売りに出す前に状態をチェックしてキレイにしてあげましょう。放置していた分だけ、ホコリなどの汚れがついていたり、カビ臭くなっていたり、パーツが外れていたりすることも珍しくありません。自分がその楽器に惹かれたように、次の持ち主にもその魅力が伝わるよう、軽くでもメンテナンスをしてキレイに磨いてから査定に出すことをおすすめします。

付属品をつける

これまで大切にしてきた楽器ですから、できるだけ高く評価してもらえたら嬉しいですよね。そこでポイントとなるのが、付属品の有無です。初めて楽器を購入した時には、その楽器の説明書や保証書、ケースなどの付属品がついてきます。

また、楽器をカスタムしたという時にも、元々のパーツがあると思います。これらの付属品をきちんと保管しているのなら、一緒に査定へ出しましょう。付属品がきちんと揃っていると、査定価格が大幅にアップする可能性が高くなります。

また、その他付属品としてエフェクターや音響機材などがある時にも、同時に査定してもらうことで買取価格がアップする可能性があります。査定してもらう前に、付属品がないかをきちんと確認しておきましょう。

タイミングを見よう

なるべく高額で買い取って欲しいという時には、売るタイミングを見計らうことも大切なポイントとなります。楽器買取店では、それぞれで強化買取を行っている楽器が異なっている時があります。

例えば、○○店ではドラムの買取に力を入れているが、△△店ではギターに力を入れているなど、店舗によって今最も買取りたい楽器が異なっていることがあるのです。強化買取期間中は、高値で買い取ってもらえる可能性が高くなりますので、その期間をうまく見計らってタイミング良く査定してもらうのも良いでしょう。

楽器を買い取ってもらう前に、この3つのポイントをぜひチェックしてみてください。サウンドママでも、楽器買取を行っております。業界トップの高額査定を目指しておりますので、「他での査定に納得がいかない…」という方も、ぜひサウンドママにお任せください。持込み査定はもちろんのこと、お忙しい方や楽器の運搬が大変という方のためにネット査定や出張査定も行っておりますので、お気軽にご利用ください。



 
在庫品
US在庫
ALLPARTS JAPAN
audio technica
BEHRINGER
CANARE
Classic Pro
K & M
PLAYTECH
ZENN
Guitarhead
UNI-ON
プラグイン・ソフト音源




サウンドママは米国に支社を持ち、海外からの輸入商品に力を入れております。
日本未発売の商品は、サウンドママが世界中から直接入荷致します!!

保険付き国際輸送、動作確認サービス、など、様々なオプションサービスもご用意しております!